アイクリームならではの成分や悩み別で選びたい成分って?

アイクリームのポイントは油分だけでなく美容成分も補っていくことができる点です。顔用のクリームでも美容成分を配合しているものが増えていますが、アイクリームのほうが充実しているうえに目元ならではのトラブルにあった成分が厳選されているのが特徴です。

自分の悩みに効果的な成分を絞り込む

40代アイクリーム成分

目元の皮膚はトラブルを起こしやすいことから入念なケアが求められる一方、過剰なケアで肌に負担をかけないことも大事です。

 

そのため油分で肌にフタをして保護しつつ必要な成分を補うことができるアイクリームは目元ケアの選択肢として非常に優れているのです。

 

ですからアイクリーム選びではまず油分をしっかり補えることを大前提にしたうえで配合成分をチェックしていくことになります。

 

そして過剰なケアを防ぐためにも自分が抱えている悩みにあった成分がしっかり配合されたうえで余分な成分や添加物が含まれていないものを選ぶことも大事です。

 

まず多くのアイクリームに配合されている成分がセラミドです。保湿成分の代表格ですが、もともと細胞間脂質の一種なので油溶性の特徴を備えており、油分が多いクリームに配合すると肌になじみやすいためアイクリームにもよく配合されています。

 

まずこのセラミドで乾燥とバリア機能を改善したうえで他の有効成分で悩みにアプローチしていくというのがアイクリームの基本原則なのです。

シワにはレチノール、ターンオーバー活性化にはっプラセンタやEGF

40代アイクリーム成分

なお浸透性に優れたヒト型セラミドを配合した製品が多い一方、低刺激なこんにゃく由来の植物セラミド

 

さらに分子量を細かくして浸透性を高めたナノセラミドなどを配合している製品もあるので乾燥に悩んでいる方はこうした点も細かく見ておきましょう。

 

シワの悩み、とくに真皮ジワや表情ジワなど深いシワの悩みを抱えている方にはレチノールがオススメです。

 

こうした深いシワは真皮層で肌を支えているコラーゲンの減少が大きな原因なのですが、スキンケアで直接コラーゲンを補っても真皮層にまで浸透せずに十分な効果が期待できません。そこで体内でコラーゲンが生成されるのを促すレチノールがシワ対策にとても効果的なのです。

 

ほかには配合される機会は少ないですがナイアシンやフラーレンにも同じ効果が期待できます。

 

あとはカサつきやたるみが気になる場合はターンオーバーを活性化させるプラセンタエキスやEGF、乾燥対策とエイジングケアの両方を兼ね備えているプロテオグリカンなどもアイクリームでせひ補っていきたい成分です。

 

繰り返しになりますが、過剰なケアを避けるためにもたくさんの成分を補うのではなく、自分に本当に必要な成分が厳選されて配合された製品を選ぶことがポイントです。今回取り上げた美容成分の中で自分にピッタリな種類をピックアップしたうえで製品を選んでみましょう。
40代で使ってみたい目元化粧品口コミランキング>>

40代で使ってみたい人気のアイクリーム・目元美容液

B.A ザ アイクリーム

衰えた眼輪筋を鍛えてふっくらと!コクがあるのにみずみずしく潤うアイクリーム
19,440円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

アテニア アイエクストラ セラム

まぶた、目の下、目尻の悩みを同時にケアしてくれるアテニアのアイクリーム
120回分・4,791円→3,291円・税込※お一人1セット1回限り
エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)プレゼント中!
公式HPで詳しく見てみる!>>

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

コラーゲン不足による目元のたるみ・小じわに!1滴の水も加えない高濃度美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
公式HPで詳しく見てみる!>>