げっそり感が嫌!目元痩せの対策ってある?

目元がくぼんでしまうのが目元痩せです。ボリュームが失われることでげっそりと疲れたような印象になってしまい、若々しさが大幅に失われてしまいます。しかもこの目元痩せは一度できてしまうとなかなか改善が難しいため予防の段階でしっかりと対策を行っていくことが求められます。

眼窩脂肪の減少で目元のボリューム感がダウンする

40代アイクリーム目元痩せ対策

適切な対策を行っていくためにはまずそもそもの原因を把握しておきましょう。

 

最大の原因が老化、これには肌のたるみと眼窩脂肪の減少の両方がかかわっています。

 

眼窩脂肪とは目の下でクッションの役割を担っている脂肪ですが、眼球への衝撃を担っているとともに目元をふっくらと見せる面もあります。しかしこの眼窩脂肪は加齢によって失われていくことが多く、結果として目元のボリューム感が失われてしまうのです。

 

一方目の下のたるみはその眼窩脂肪を突出させてしまうという厄介な状態をもたらします。加齢の影響で肌だけでなく目の周りにある眼輪筋という筋肉や眼球を支えているじん帯にも衰えが見られるようになります

 

すると眼球を支える力が低下し、どんどん下がっていくことでクッションの役割を担っている眼窩脂肪に圧力がかかっていきます。

 

その圧力に耐えられなくなってしまうと眼窩脂肪が前に押し出されて肌から突出したような状態になるのです。その結果飛び出した眼窩脂肪の上の部分がくぼんだように見えてしまいます。

目元やせにはスキンケアの他に表情筋トレーニングが有効

40代アイクリーム目元痩せ対策

そしてもうひとつは肌のハリの低下による目の下や涙袋のたるみです。こちらは肌を支える力が低下することでどんどん下がっていくのが原因で、目尻やゴルゴラインなどのシワが伴いやすい傾向があります

 

眼窩脂肪の減少を防ぐのはなかなか難しいですが、ほかの2つは日常生活の中で予防・改善していくことが十分可能です。

 

眼輪筋の衰えに関して日ごろからこの筋肉をトレーニングしつつ、眼精疲労で負担をかけないよう心がければ防ぐことができます。

 

眼球をグルグル回す、左右両方にできる限り視線を向けてその状態を数秒間キープするといったトレーニングを取り入れてみましょう。また目の疲労の改善に役立つマッサージやツボなども手軽のできるのでオススメです。

 

肌のたるみに関しては目元美容液やアイクリームで保湿ケアとエイジングケアをうまく行っていくのが一番の方法です。

 

肌のボリュームを維持するためにもセラミド、ヒアルロン酸、コラーゲンといった保湿成分をしっかり補うこと、そのうえで肌のハリを改善するのに役立つレチノールやナイアシン、ビタミンC誘導体、プラセンタといった成分も日々のエイジングケアに取り入れていきたいところです。
40代で使ってみたい目元化粧品口コミランキング>>

40代で使ってみたい人気のアイクリーム・目元美容液

B.A ザ アイクリーム

衰えた眼輪筋を鍛えてふっくらと!コクがあるのにみずみずしく潤うアイクリーム
19,440円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

アテニア アイエクストラ セラム

まぶた、目の下、目尻の悩みを同時にケアしてくれるアテニアのアイクリーム
120回分・4,791円→3,291円・税込※お一人1セット1回限り
エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)プレゼント中!
公式HPで詳しく見てみる!>>

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

コラーゲン不足による目元のたるみ・小じわに!1滴の水も加えない高濃度美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
公式HPで詳しく見てみる!>>