乾燥ジワに選びたいアイクリームの特徴

目尻や目の下にできやすい乾燥ジワ。細かなシワが広範囲に無数にできるのが大きな特徴です。これは乾燥が原因で表面がカサカサに硬くなってしまったうえに角質層から水分が失われてしまったのがおもな原因、水分が失われてボリュームがなくなると皮膚が萎縮していくのですが、表面が硬くなって柔軟性が失われているためにシワになってしまうのです。

表皮も角質層も乾燥対策ができるかチェック

40代アイクリーム目元美容液違い

それだけにアイクリームで乾燥ジワ対策を行っていく場合にはまず保湿効果に優れているかどうかをチェックしておきましょう。

 

重要なのは表皮と角質層両方で保湿を行っていくことです。角質層の保湿対策だけなら目元美容液でも可能ですが、表皮の乾燥、つまり皮脂の不足はクリームで油分を補いながら改善していく必要があります

 

この両方のバランスがしっかりとれているかどうかが問われるのです。表皮の乾燥を改善するためには適度な油分で不足している皮脂を補って膜を作ることが大事です。

 

そのためにも自分の肌に過不足なく油分を補うことができるかどうかをチェックしていきましょう。少なすぎると効果が得れませんし、多すぎるとベタつきや毛穴の詰まりといった問題を引き起こす恐れがあります。

 

こればかりは自分で判断する必要があるのでできるだけ実際に使ってみたうえで判断したいところです。

 

角質層の乾燥を改善するためには保湿成分がやはり欠かせません。保湿成分の中でも細胞間脂質のセラミドは油溶性なので油分が多いクリームと相性がよいといわれています。

セラミドの中でもヒト型セラミドが浸透性や効果に優れている

40代アイクリーム目元美容液違い

セラミドは乾燥だけでなく角質層の乱れやバリア機能の低下を改善する働きもあるだけに配合量が多い製品ほど乾燥ジワ対策に適しています。

 

なお、セラミドはヒト型セラミドという種類がもっとも効果が高いといわれていますが、アイクリームでは肌への刺激も考慮してコンニャク由来の植物セラミドを使用している製品も増えています。肌が乾燥していると刺激に敏感になるのでこうした点も見ておくとよいでしょう。

 

乾燥ジワ対策ではターンオーバーの活性化も大事なポイントです。カサカサに乾燥してシワになってしまった肌を新しく作られた針と潤いのある肌へとスムーズに入れ替えることでシワを改善していくことができるからです。

 

またセラミドと天然保湿因子(NMF)はターンオーバーの過程で体内で作られるため保湿対策とも深くかかわってきます。

 

この点ではプラセンタとEGFが美容成分として役立ちます。保湿対策だけでは心もとないという方はこれらの成分が配合されているかどうかもチェックしておくとよいでしょう。
40代で使ってみたい目元化粧品口コミランキング>>

40代で使ってみたい人気のアイクリーム・目元美容液

B.A ザ アイクリーム

衰えた眼輪筋を鍛えてふっくらと!コクがあるのにみずみずしく潤うアイクリーム
19,440円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

アテニア アイエクストラ セラム

まぶた、目の下、目尻の悩みを同時にケアしてくれるアテニアのアイクリーム
120回分・4,791円→3,291円・税込※お一人1セット1回限り
エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)プレゼント中!
公式HPで詳しく見てみる!>>

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

コラーゲン不足による目元のたるみ・小じわに!1滴の水も加えない高濃度美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
公式HPで詳しく見てみる!>>