顔用のクリームで目元をケアできないの?

目元ケアでは適度な油分を補うことが大事です。もともと乾燥しやすいうえに皮膚が薄くダメージを受けやすいのが目元の皮膚の大きな問題点。紫外線や外気にさらされていくうちに水分が失われ、ダメージの蓄積で活性酸素やメラニン色素が増加するとシワ、シミ、たるみ、クマといったトラブルの原因を抱えてしまうからです。

顔用クリームでケアできるが集中ケアは難しい

40代アイクリーム目元美容液違い

油分を補うのならわざわざアイクリームを使わなくても顔用のクリームでもいいじゃないか、と考える方も多いかもしれません。

 

確かに油分を補うという点では共通していますし、目元専用のアイテムを揃えると出費も増えます。顔用で目元ケアができるならそれに越したことはない、と考えるのもごく自然なことでしょう。

 

実際のところ顔用のクリームでも目元をケアすることはできます。ただより入念なケアをしたい、またはシワやシミといったトラブルを集中的にケアしてきたいといった場合にはやはり専用のアイクリームを使ったほうが効果が期待できます。

 

そこには目元ケア専用に作られたアイクリームならではの特徴がかかわっています。

 

まずアイクリームは伸びがよく塗布しやすい、そして肌になじみやすい特徴があります。目元ケアでは塗付する際の摩擦による刺激に注意が必要です。

 

皮膚が薄くバリア機能が低下しているところに何度も擦ってスキンケア製品を塗付しているとダメージがどんどん蓄積してよくなるどころからますます悪化してしまうのです。通常のクリームは油分が多いほどベタつきやすく、伸びがよくないものです。

顔用クリームは伸びが良くないので塗布による摩擦が大きい

40代アイクリーム目元美容液違い

そのためしっかり塗付しようと思うと何度も擦らなければならないことも珍しくありません。

 

しかしアイクリームならその点を考慮し、しっかり油分を補いつつ伸びがよく手際よくムラなく塗付できる内容になっているのです。

 

それから油分に加えて美容成分が充実している点もアイクリームの大きなメリットです。近年では顔用のクリームにも美容成分を配合したものが増えており、とくに油溶性のセラミドはクリームと相性がよいことから配合される機会が増えています。

 

アイクリームではセラミドを高濃度で配合していることも多く顔用に比べて高い保湿効果が期待できます。

 

さらに目元に補いたい成分が配合されており、肌のハリを改善するレチノール、保水力とエイジングケア効果に優れたプロテオグリカン、さらにターンオーバーを活性化させるEGFなどの成分がよく見られます。

 

油分を補って肌のカサつきを防ぐという基本的な部分を踏まえつつプラスアルファで目元ケアに役立つ成分を補える。このメリットを考えても目元ケアをしっかり行いたい場合には顔用よりもアイクリームのほうがよいでしょう。
40代で使ってみたい目元化粧品口コミランキング>>

40代で使ってみたい人気のアイクリーム・目元美容液

B.A ザ アイクリーム

衰えた眼輪筋を鍛えてふっくらと!コクがあるのにみずみずしく潤うアイクリーム
19,440円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

アテニア アイエクストラ セラム

まぶた、目の下、目尻の悩みを同時にケアしてくれるアテニアのアイクリーム
120回分・4,791円→3,291円・税込※お一人1セット1回限り
エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)プレゼント中!
公式HPで詳しく見てみる!>>

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

コラーゲン不足による目元のたるみ・小じわに!1滴の水も加えない高濃度美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
公式HPで詳しく見てみる!>>