似てるけど違う?アイクリームと目元美容液の違いとは

目元ケア専用のスキンケア製品が増えていますが、その一方でそれぞれの製品の違いがよくわからずどれを選んだよいのかわからない問題点も出てきています。とくに間違いやすいのが目元美容液とアイクリームの違い。

目元美容液は目元トラブルに合わせた美容効果を補うのが目的

40代アイクリーム目元美容液違い

どちらも目元の乾燥やバリア機能の低下をケアするのが主な目的といって似たような印象を受けるものですが、実際には異なる点もあります。

 

目元美容液の最大の特徴は目元に美容成分を補う点にあります。ですから一般的な美容液と基本的には同じなのですが、目元の環境に合わせて配合成分や処方に工夫が施されている点に特徴が見られます

 

皮膚が薄く乾燥しやすいため保湿成分が充実している傾向が見られますが、ほかにも浸透性を高めるためにコラーゲンやヒアルロン酸の分子量を細かくして配合する

 

また低刺激を意識して原材料にこだわって成分を選んでいるといった特徴も見られます。

 

あとは防腐剤をはじめとした添加物が少ないこと、製品によってはUVカット効果を備えているものがある点なども特徴として挙げられます。

 

それに対してアイクリームは油分を補うのが主な目的です。肌の保湿は保湿成分と油分がおもに担っており、角質層で保湿成分が失われていくと水分を保つことができなくなります

乾燥ケアにはアイクリーム、ハリの低下には目元美容液

40代アイクリーム目元美容液違い

そのうえ表皮で油分が不足してしまうと皮脂膜が正常に作られなくなってしまうことでフタをする役割が低下して角質層から蒸発していく水分をとどめることができなくなってしまうのです。

 

もともと目元の皮膚は薄く乾燥しやすいうえに紫外線を浴びやすいという厄介な点を抱えているため、油分が不足すると乾燥が加速しつつダメージがどんどん蓄積していくという悪循環に陥ってしまうのです。

 

そこでアイクリームで油分を補い表皮にフタをすることで保湿と保護の両方を行うわけです。

 

一般的なアイクリームと違うのは油分に加えて美容成分も充実している点です。そしてこの点こそ目元美容液との違いがわかりづらくなっている点でもあります。

 

アイクリームにも保湿成分が配合されていることが多く、目元美容液と同じ成分を補う形になるのでどちらを選んだらいいのかわからない、といったことになりやすいのです。

 

ですから表面がカサついて小じわが気になる場合はアイクリームハリやボリュームが低下している場合には目元美容液のほうが適しています。表皮で保湿をするか、肌の内部で保湿をするか、どちらを重視するかによって選ぶ基準が違ってくるので肌環境を踏まえながら検討していくとよいでしょう。
40代で使ってみたい目元化粧品口コミランキング>>

40代で使ってみたい人気のアイクリーム・目元美容液

B.A ザ アイクリーム

衰えた眼輪筋を鍛えてふっくらと!コクがあるのにみずみずしく潤うアイクリーム
19,440円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

アテニア アイエクストラ セラム

まぶた、目の下、目尻の悩みを同時にケアしてくれるアテニアのアイクリーム
120回分・4,791円→3,291円・税込※お一人1セット1回限り
エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)プレゼント中!
公式HPで詳しく見てみる!>>

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

コラーゲン不足による目元のたるみ・小じわに!1滴の水も加えない高濃度美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
公式HPで詳しく見てみる!>>