眼輪筋を鍛えて目力アップ!トレーニング方法は?

眼輪筋とは目の周りにある筋肉です。眼球を動かすときに使用するほか、周囲の皮膚や脂肪を支える役割を担っています。この筋肉がどれだけ発達しているかによって目元に大きな差が出るほか、加齢による影響にも違いが出てきます。

眼輪筋は目元の酷使で衰えていく

40代アイクリーム眼輪筋鍛え方

目の周りがのっぺりしていてどうも印象が弱い、目力に欠けるという方は眼輪筋をうまく鍛えて印象的な目元を目指してみるのもひとつの選択肢です。

 

また、眼輪筋は目を酷使することで負担が蓄積していきます。たとえば長時間視線を動かさずにパソコン画面を見続けているとこの筋肉に負荷がかかって硬直状態に陥ってしまうことがあります。

 

重いものを持ち続けていると筋肉が疲れてうまく動かなくなってしまうようなものです。これが原因で眼輪筋がこってしまうと眼精疲労、肩こり、首のこり、頭痛などの原因となるのです。

 

眼輪筋のトレーニングは鍛えるだけでなく、筋肉を動かすことでリフレッシュ効果をもたらすしてくれる面もあるので眼精疲労対策にも有効です。疲れ目でしょぼしょぼしていたり、目の下にクマができているようでは目力は期待できませんから、この点も意識した上でうまくトレーニングを行っていきたいところです。

 

もっとも簡単な方法は眼球を動かすことです。普段視線を動かすときよりも大げさにグルグルと動かしてみましょう。円を描く動きと八の字を描く動きを組み合わせるのがオススメです。

 

これはとくに長時間デスクワークを続けて目が疲れているときに行うと効果大です。

目を見開いたり寄り目をする

40代アイクリーム眼輪筋鍛え方

それから目を大きく開いてから思いっきり閉じるの繰り返し。それぞれの動きを5秒間ほど静止するのがポイントです。なおこの方法は目元のシワ対策にも有効なので年齢肌が気になる方にもオススメです。

 

基本的に目を見開くときには額の筋肉を使わずにまぶたを持ち上げるよう意識して行いますが、額のシワが気になる場合には額の筋肉を使いながら行ってみるのもよいでしょう。

 

ユニークな方法では寄り目を作る方法もあります。両目を同じ方向にではなく別の方向に向けさせることで筋肉の収縮を促すことで鍛える効果とリラックスさせる効果の両方が得られます

 

子どもの頃寄り目を作ったことがある方も多いはずですから、思い出して試してみるとよいでしょう。指を立てた状態でじっと見つめながらその指を近づけたり遠ざけたりすることで寄り目状態を作ることができます。

 

こうしたトレーニングは人前で行うのはちょっと恥ずかしいですがどれも簡単にできるものばかり。一日の終わりに家でくつろいでいるときなどに行ってみましょう。
40代で使ってみたい目元化粧品口コミランキング>>

40代で使ってみたい人気のアイクリーム・目元美容液

B.A ザ アイクリーム

衰えた眼輪筋を鍛えてふっくらと!コクがあるのにみずみずしく潤うアイクリーム
19,440円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

アテニア アイエクストラ セラム

まぶた、目の下、目尻の悩みを同時にケアしてくれるアテニアのアイクリーム
120回分・4,791円→3,291円・税込※お一人1セット1回限り
エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)プレゼント中!
公式HPで詳しく見てみる!>>

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

コラーゲン不足による目元のたるみ・小じわに!1滴の水も加えない高濃度美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
公式HPで詳しく見てみる!>>