まぶたがたるむ原因とは

まぶたはどうしてたるむのか?最大の原因は老化です。頬と同じように老化によって肌のハリが失われるにつれてたるみが進んでいくわけですが、まぶたの場合は皮膚だけでなく目の周辺の筋肉や組織の老化も深く関わっていることが多いので対策の際にはそうした事情を知っておくことも必要です。

加齢とともに眼輪筋という筋肉が衰えまぶたがゆるんでしまうケースが

まず注意したいのは筋肉が衰えることでまぶたにゆるみが生じてたるんでしまうケースがあることです。

 

目の周囲には眼輪筋という筋肉があり、まぶたを支えています。

 

まばたきなどの動きができるのもこの筋肉の働きによるものなのですが、これが加齢によって衰えて緩んでくるとまぶたを支える力も低下してたるみが進んでいくのです。腕やお腹にある筋肉と同じように加齢による影響を避けられず、こうした状況が進行していくのです。

 

まぶたを持ち上げるときに重く感じる、ウインクをしようとしてもうまくできないといった方はこの眼輪筋の衰えが進行している可能性が大なのでまだたるみが見られない場合にも注意したほうがよいでしょう。

筋肉は老化だけじゃなく、使わないことでも衰える、日頃からトレーニングなども取り入れ意識的に使いたい

また、生活習慣が原因で眼輪筋の衰えが進んでしまうケースも見られます。筋肉は老化だけでなく「使わない」ことでも衰えます。

 

運動不足の人と日ごろ鍛えている人とでは足や腕の筋肉に歴然とした違いが見られますが、眼輪筋でも極端な違いこそ見られないものの、日ごろ使っているかどうかで差が出てくるのです。

 

表情が豊かでよく笑う人は眼輪筋もよく使用するため衰えにくく、まぶたを支える力を維持できるのに対してあまり表情を作らない人、また眼球を動かさない人は筋肉を使う機会が少ないので老化の影響で衰えが加速していきやすいのです。

 

現代社会でとくに注意したいのが長時間のパソコンやスマホの影響です。いまや仕事でパソコンの使用は不可欠ですし、パソコン、スマホでSNSを長時間行う人も珍しくなくなりました。

 

パソコンの作業は視線を固定させてしまううえにまばたきの回数も極端に少なくなってしまうため眼輪筋を使う機会も減少してしまいます。こうした生活と環境を続けているとその蓄積で老化が加速してしまうというわけです。

 

ですからまぶたのたるみを防ぐためにはまず日ごろから眼輪筋を使うよう心がけること。

 

表情筋トレーニング、眼球トレーニングといった方法も有効ですが、まずはこれまで挙げてきた筋肉の衰えを加速させるような環境を見直してみましょう。

 

そのうえでビタミンC誘導体やアスタキサンチン、コエンザイムQ10といった抗酸化作用を持つ成分をスキンケアや食事に取り入れて老化そのものを防いでいく。一度たるんでしまうとなかなか改善が難しいといわれるだけに予防の段階からしっかりと対策を行っていきたいところです。
40代で使ってみたい目元化粧品口コミランキング>>

涙袋のたるみの原因と対策

涙袋のたるみのおもな原因は眼輪筋の衰え

涙袋とは目の下にあるふくらみのことです。女性によく見られ、笑顔を浮かべたときなどにちょっと膨らむととても魅力的に見えるものです。

 

その意味ではチャームポイントにもなる部分なのですが、一方では年齢を重ねるにつれてたるみが生じて老けた印象を与えてしまうという厄介な点もあります。若い頃は若々しく魅力的に見せていたものが加齢とともに今度は老けて見せてしまう原因となってしまうわけです。

 

涙袋には個人差があり、ふくらみが大きい人もいればほとんど見られない人もいます。一般的には目が大きい人ほど目立ちます。

 

ですから目が大きくパッチリしているほどエイジングケアでは涙袋のたるみに注意していく必要が出てきます。

 

そんな涙袋のたるみのおもな原因は眼輪筋の衰えです。

 

まぶたのたるみとも共通しているのですが、目の周りに合って皮膚や脂肪を支えているこの筋肉が衰えることで涙袋を支える力も低下し、たるみやすくなってしまうのです。ですからこの筋肉の衰えをいかに防ぎ、涙袋をしっかりと支えていられる状態を維持できるかどうかが対策の最大の鍵となります。

ビタミンC誘導体、コエンザイムQ10、アスタキサンチンなど老化を防ぐためのスキンケアを取り入れたい

眼輪筋が衰える原因としてはまず純粋な老化が第一にあります。ですから対策では老化を防ぐためのケアが欠かせません。

 

ビタミンC誘導体、コエンザイムQ10、アスタキサンチンなど老化を防ぐためのスキンケアをしっかりと心がけていきましょう。また紫外線による老化の加速も要注意です。この点は皮膚の老化と一緒で日ごろから日焼け止めで適切な対策を心がける必要があります。

 

もうひとつ重要なのが眼輪筋を使うことで老化を防ぐことです。日ごろ筋トレを行っている人は年齢を重ねても驚くほどハリのある肌と豊かな筋肉を維持しているものです。

 

眼輪筋も同様で、使い続けているほど老化が遅く、逆に使わない人は老化が早くなります。とくに現代ではパソコン、スマホの影響でこの筋肉を使う機会が少なくなっています。

 

長時間モニター画面を見続けていると眼球が動かないうえに瞬きも減ってしまいますから、適度に目を休ませつつ目を大きく開いたり、逆に思い切り細めるといった簡単なエクササイズを取り入れていきましょう。眼球をグルグル回るストレッチも有効です。

 

このように涙袋は日ごろの生活習慣とちょっとした対策でたるみを予防し、改善していくこともできます。

 

せっかく目元を印象的に見せてくれる部分なのですから、年齢を重ねても魅力的に映るよう日ごろからしっかりとケアを心がけていきたいところです。

ストレッチやマッサージでまぶたのたるみは解消する?

血行不良や健康状態に左右される目元の悩みはスキンケアだけじゃなくストレッチやマッサージも取り入れたい

まぶたのたるみの解消方法としてストレッチやマッサージは非常に有効な方法です。即効性こそ期待できませんが、何しろお金がかかりませんし、手間もかからないので毎日のちょっとした合間に続けていくことができます。

 

そもそもまぶたのたるみは老化や血行不良といった健康状態の悪化・低下が深く関わっていることが多く、スキンケアだけではカバーしきれない部分もあるだけにストレッチとマッサージの役割が大きな意味を持っています。

 

ただ簡単にできる一方、難しい部分もあるのも特徴です。つまり手軽にできる一方、適切な方法で行わないとかえって負担をかけてマイナスになってしまう恐れがあるということです。

 

まぶたのたるみ解消には目元周辺の血行不良や筋肉の衰え、肌のハリの低下といった問題を改善していく必要があるわけですが、目元周辺は皮膚が非常に薄いので強く押したり刺激したりすると負担がかかってしまいます。

 

血行をよくしようと思って強く押すと毛細血管を傷つけてしまうこともありますし、目のクマを解消しようと何度も擦ったりするとその刺激でメラニン色素が増加してますますクマが悪化してしまう…なんてケースも起こりえます。正しい知識で適切な形で行っていくことが大前提なのです。

オススメは肌に負担も掛かりにくく適度な刺激が与えられるツボ押し

オススメなのはツボを刺激するマッサージです。肌を擦る必要もなく適度な刺激でまぶたのたるみ改善に役立ってくれます。

 

たとえば眉のちょうど真ん中のすぐ下にある「魚腰(ぎょよう)」というツボは疲れ目のときに刺激するといい感じでリラックスができます。

 

また目じりのちょっと外側にくぼみがありますが、これは「瞳子(どうし)りょう」と呼ばれるツボで、まぶたのたるみだけでなく目元のシワや肌荒れ対策にも効果が期待できると言われています。

 

むくみも見られる場合には「承泣(しょうきゅう)」もオススメです。もっとも効果が高いツボとも言われており、目のすぐ下、骨の出っ張りの部分の上にあります。ちょっと刺激するのが難しい場所ですが、少しだけ力をこめて押してみましょう。

 

あとは眼球エクササイズ。眼球をグルグルと回すことで目の周りにある眼輪筋という筋肉を鍛えることができます。

 

この筋肉が衰えるとまぶただけでなく涙袋など皮膚や脂肪を支えることができなくなってしまうので目全体のたるみ対策に重要な意味を持つトレーニングです。

 

とくにデスクワークやスマホなどで長時間視線を固定していた人は眼輪筋をほぐす意味でも日ごろから習慣づけるようにしましょう。

 

こうしたストレッチ、エクササイズ、マッサージをうまく取り入れつつ化粧品でエイジングケアを心がけていけばまぶたのたるみを予防し、たるんでしまった部分を改善していくことができるはずです。
40代で使ってみたい目元化粧品口コミランキング>>

40代で使ってみたい人気のアイクリーム・目元美容液

B.A ザ アイクリーム

衰えた眼輪筋を鍛えてふっくらと!コクがあるのにみずみずしく潤うアイクリーム
19,440円・税込
更に詳しく見てみる!>>

アテニア アイエクストラ セラム

まぶた、目の下、目尻の悩みを同時にケアしてくれるアテニアのアイクリーム
120回分・4,791円→3,291円・税込※お一人1セット1回限り
エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)プレゼント中!
更に詳しく見てみる!>>

目元とまつ毛のご褒美

目元とまつ毛のご褒美

SNSでも話題沸騰!1本で目元ケアとまつ毛の育毛ができるアイクリーム
4,700円・税別/定期初回980円(2回目以降3,700円)税別
更に詳しく見てみる>>