クマの種類で対策も変わる!自分のクマは何タイプ?

目の下にできるクマはいかにも疲れた印象をもたれてしまうもの。若々しい印象も失われてしまうだけに日々の生活の中でできるだけ予防・改善を行っていく必要があるのですが、じつはこのクマにはいくつかの種類があります。そのため自分のタイプに合わせた対策方法を行っていかないと十分な効果が得られない可能性もあるのです。

最も多い青クマは血行不良が原因

40代アイクリームクマタイプ

まずもっとも多いのが青クマと呼ばれるタイプで睡眠不足や疲労の蓄積がおもな原因で起こるものです。

 

直接の原因は目の周りの血行不良、血液の流れが滞ることで血液中のヘモグロビン濃度が減少してしまい赤みが失われることで青黒い色が皮膚を透かして見えるようになるのです。

 

目元の皮膚は薄いのでこうした血色の変化が表面に現れやすいのも原因のひとつです。なお女性の場合は鉄分不足が原因で血行不良を起こすことがあるので注意しましょう。

 

そのため対策ではスキンケアよりも血行を促すケアが重要です。温めたタオルと冷やしたタオルを交互に押し当てる、マッサージで刺激するなど血流を促すケアを取り入れていきましょう。またもっとも根本的な部分で睡眠不足やストレスの解消、鉄分の摂取、食生活の改善といったケアも欠かせません。

 

それから目元周辺が茶褐色にくすんだ状態になってしまう茶クマ。30代後半〜40代にかけて増えてくるもので、シミと同じメラニン色素の沈着が原因です。茶褐色のこの色素がたくさん生成されて排出が間に合わなくなってしまうことで皮膚に沈着を起こしてしまうのです。

黒クマの原因は目の周りのたるみ

40代アイクリームクマタイプ

そのため対策ではシミと同じく美白対策が重要なポイントとなってきます。美白化粧品で美白成分をうまく補いながらバリア機能の改善、ターンオーバーの活性化といったケアを行っていきましょう。

 

もうひとつ厄介なのが黒クマです。こちらは40代以降になって見られるもので、老化の影響で目の周りの皮膚がたるんでしまうことが原因です。

 

たるみによって皮膚表面に凹凸ができてしまい、そこに影ができて黒く見えるようになるのです。

 

そのため皮膚そのものの色が変化したわけではなく光の当たり具合で変化するのが特徴です。

 

このたるみは一度できてしまうと解消するのがなかなか難しくレチノールやナイアシン、プラセンタといったハリを改善する働きを持つ成分や

 

ターンオーバーの活性化、保湿ケアといった総合的なエイジングケアでうまく改善していく必要があります。改善よりも予防を重視したケアが求められるでしょう。

 

あとは血管がうっ血状態になったり皮膚をこすってしまうなどして赤みを帯びる赤クマなどもあります。自分のクマがどのタイプかを確認したうえで適切なケアを取り入れていきましょう。
40代で使ってみたい目元化粧品口コミランキング>>

40代で使ってみたい人気のアイクリーム・目元美容液

B.A ザ アイクリーム

衰えた眼輪筋を鍛えてふっくらと!コクがあるのにみずみずしく潤うアイクリーム
19,440円・税込
更に詳しく見てみる!>>

アテニア アイエクストラ セラム

まぶた、目の下、目尻の悩みを同時にケアしてくれるアテニアのアイクリーム
120回分・4,791円→3,291円・税込※お一人1セット1回限り
エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)プレゼント中!
更に詳しく見てみる!>>

目元とまつ毛のご褒美

目元とまつ毛のご褒美

SNSでも話題沸騰!1本で目元ケアとまつ毛の育毛ができるアイクリーム
4,700円・税別/定期初回980円(2回目以降3,700円)税別
更に詳しく見てみる>>