一重や奥二重を自力で二重にする方法はある?

パッチリとした二重まぶたになりたい、そんな願いを抱えている一重や奥二重の方も多いでしょう。だからこそアイプチなどのアイテムやプチ整形が人気を得ているわけですが、こうした方法に頼らず自力でなんとか二重にする方法はないものでしょうか?

テープで一重まぶたを自然に二重のクセができるよう固定させていく必要がある

目元ケアのQ&A

それができれば苦労しない、という方も多いかもしれませんが、クセをつけることで二重にすることも可能です。つまり日常的にまぶたを二重にすることでその部分がクセになってやがて二重のラインが作られていくわけです。この方法では先ほどあげたアイプチのほか、アイテープなど意図的に二重を作ることができるアイテムが役立ちます。

 

ただ難しいのは自然に二重になるようなラインを意識したうえでこれらのアイテムを使用することです。いくらクセをつけるといってもラインができようがない部分に二重を作ってもクセになることはありません。あくまで自分の目の形やまぶたの状態で自然にクセができる形でテープを固定させていく必要があるのです。「こんな二重にしたい」ではなく「こんな二重なら何とかできるんじゃないか」。理想よりも現実を意識した上で形作る二重の形を考えていきましょう。

 

この方法でもうひとつ注意したいのはテープや接着剤の粘着力です。しっかり固定してクセをつけるためには粘着力が強いほうがよいように思えますが、あまり強すぎるとまぶたにダメージをもたらしてしまう恐れがあります。はがす際にまつ毛が切れてしまう、さらにはダメージで新しくまつ毛が生えてこないといった問題が生じてしまうこともあるので適度な粘着力のものを使用するのがお勧めです。

むくみを改善するのも自力で二重にする準備段階として大事なこと

目元ケアのQ&A

この方法の効果は人によって個人差がありますが、アイテープをつけて数日間就寝する習慣を続けただけで二重のクセができた、という話も聞かれます。またうっすらとクセができたら上目遣いを意識する、ヘアピンや耳かきなどでなぞってクセをさらに固定させる工夫をするのもお勧めです。

 

もうひとつ、むくみを改善するのも自力で二重をする準備段階として大事な点です。とくにまぶたがはれぼったい一重の方はむくみのせいでアイプチ、アイテープで二重にするのも難しいというケースも多いですから、温めたタオルと冷やしたタオルを交互に使用してなど目の周辺の血行改善に努めてみましょう。これはクマ対策でも有効です。

 

覚えておきたいのは一日や二日で二重にできるような方法はないこと、短期間での効果を求めて無理な方法を行うと目元の皮膚に負担がかかってしまうことです。ですから地道に行っていくことを前提に今回取り上げた方法を試してみましょう。

 

40代で使ってみたい目元化粧品口コミランキング>>

40代で使ってみたい人気のアイクリーム・目元美容液

B.A ザ アイクリーム

衰えた眼輪筋を鍛えてふっくらと!コクがあるのにみずみずしく潤うアイクリーム
19,440円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

アテニア アイエクストラ セラム

まぶた、目の下、目尻の悩みを同時にケアしてくれるアテニアのアイクリーム
120回分・4,791円→3,291円・税込※お一人1セット1回限り
エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)プレゼント中!
公式HPで詳しく見てみる!>>

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

コラーゲン不足による目元のたるみ・小じわに!1滴の水も加えない高濃度美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
公式HPで詳しく見てみる!>>