どうしてクマができるのか

目の下のクマといえば疲れたときにできるもの、というイメージがあります。何日も寝ていない、睡眠不足が慢性化しているときなどにできやすいからです。ただ実際には必ずしも疲労ばかりが原因とは限らず、さまざまな要因で起こります。

血行不良や皮膚が薄く毛細血管が透けて見えやすいなど、クマには様々な要因が

注意したいのは必ずしも肌環境に問題を抱えているからできるわけではなく、目の周囲の健康状態全般が原因となって生じることが多いのでスキンケアだけでは十分な対策ができないケースもあることです。

 

どうしてクマができるのか?その理由を知るためにはクマの種類をまず確認しておきましょう。クマといっても症状や原因によっていくつかの種類があり、それぞれ原因が異なるからです。

 

疲れたときにできるクマのほとんどが青グマと呼ばれるタイプで青黒い色をしているのが最大の特徴です。

 

原因は血行不良によるもので、血行が滞るとともに血液中のヘモグロビンが減少し、青黒い状態になった血液が皮膚を通して透けて見える状態になります。目の下はとくに皮膚が薄いうえに毛細血管がたくさん通っているので血液の状態が透けて見えやすいのです。

 

現代社会では長時間のデスクワークやスマホなど目を酷使する環境が多いのでこのタイプのクマがとくにできやすい環境にあるといわれています。

メラニン色素の沈着が原因の茶グマ、たるんだ目元の影ができ黒く見えるのが黒グマ

それから年齢を重ねるにつれて増えてくるのが茶グマと呼ばれるタイプ。目の下に茶褐色のクマができるのが特徴で、こちらは表皮に生じたトラブルが原因で起こります。シミの原因となるメラニン色素が沈着を起こしてしまうとできてしまうのです。

 

そのため茶グマはくすみやシミと一緒にできることが多くエイジングケアにおいては非常に厄介な悩みともなっています。

 

紫外線の影響だけでなく肌の老化によるターンオーバーの乱れ、肌に合わない化粧品の使用、とくにマスカラのダメージなども原因として挙げられます。

 

もうひとつが黒グマと呼ばれるタイプでこちらは実際に色がつくわけではなく、目の下に影ができることで黒く見えるのが特徴です。

 

原因は老化によって目の下にたるみが生じてしまうことで、たるんだ部分の下に影ができて黒い状態になります。

 

このように種類によってクマができる原因に違いが見られます。

 

血行不良のように体の内面の問題もあればたるみによって皮膚の状態が変化することでできるケースもあるため、クマの悩みを抱えている方は自分の肌や体にどんな変化が生じているのかを適切に把握したうえでそのための対策を行っていくことが求められます。
40代で使ってみたい目元化粧品口コミランキング>>

茶グマの出来る原因と対策

茶グマの大きな原因は表皮のトラブルで、スキンケアの対策が重要

茶グマはそれほどできやすいものではありませんができてしまうと非常に目立つうえに対策が難しいタイプのクマです。それだけに原因をよく把握したうえで予防に努めることが最大のポイントとなるでしょう。

 

茶グマの特徴は表皮にトラブルが生じることで、スキンケアでの対策が鍵となります。このあたりは血行不良によって生じる青グマとの大きな違いです。

 

つまり肌トラブルや老化と深く関わっているので日ごろのスキンケア次第で予防することができる一方、適切なケアを行わないとなかなか改善することができないばかりかますます進行させてしまう恐れも出てきます。

 

根本の原因はメラニン色素の沈着にあります。シミとくすみと同じメカニズムで生成されたメラニン色素を排出しきれずに角質に沈着を起こしてしまうことで茶褐色の シミができてしまうのです。

 

シミと違うのは広範囲にできることで、これは皮膚が薄く紫外線のダメージを受けやすい目元ならではの事情があります。

 

目の下はもともと紫外線を浴びやすい部分ですし、皮膚が薄いので乾燥しやすくバリア機能が弱いという問題もあります。

 

日ごろから紫外線のダメージを蓄積させて行った結果排出しきれないメラニン色素が蓄積していき、やがて茶グマという形で表面にあらわれるようになるのです。

 

また紫外線以外にも茶グマの原因となる要素がいくつかあります。

過剰なアイメイクやそれを落とすためのクレンジングが原因となっていることも

たとえば過剰なアイメイク。肌に負担をかけるようなアイメイクをしているとその影響でメラニン色素の生成量が多くなっていきます。

 

たとえば濃いアイメイクをしてそれを落とすために刺激が強いクレンジング剤でゴシゴシと擦って洗っていると茶グマができやすくなります。

 

また花粉症やアトピー性皮膚炎などのトラブル、加齢による乾燥肌・敏感肌など刺激に敏感に反応しやすい状態になっていることでも色素沈着が起こりやすくなります。

 

ですから対策では紫外線対策をしっかり行いつつ、目元の皮膚への刺激を最小限に抑えることが第一です。

 

そのうえで保湿対策を心がけてバリア機能の維持に努めましょう。目元の皮膚は薄い分水分が失われやすく、保湿成分による保湿が欠かせませんし、加齢の影響で乾燥が進んでいる肌には適度な油分の補充による表皮の保湿も重要です。

 

過剰なアイメイクを避けるとともに目元専用の美容液もうまく活用してケアしていきましょう。

 

すでに目立つ茶グマができてしまっている場合には美白効果のある化粧品もうまく活用しつつ沈着を起こしたメラニンを排出できるようターンオーバーの活性化を目指すのも大事な対策方法となります。

青グマの出来る原因と対策

青グマは疲労や睡眠不足などの血行不良が大きな原因

青グマはクマの種類の中でももっともできやすいものですが、同時に改善しやすい面もあるので日常生活の中でしっかりとケアしていく姿勢が求められます。

 

逆に言えば日常生活の問題が原因でできることが多く、その人の生活習慣や美容・健康への姿勢が問われる面もあります。

 

青グマの原因は血行不良です。血行が悪化すると血液中のヘモグロビンの濃度が減少し、赤みが後退するとともに青黒さが増していきます。

 

その影響が皮膚を通して表面に現れたのが青グマなのです。どうして目の下にできるのかというと目の下の皮膚は非常に薄いうえに毛細血管がたくさん通っているので透けて見えやすいからです。

 

メラニン色素が沈着することによって起こる茶グマに比べると肌に直接トラブルが生じているわけではない分解消しやすいわけですが、その一方で血行不良の影響が全身にさまざまな影響を及ぼす可能性もあるのでできるだけ早い段階での対策が求められます。

 

そもそもどうして血行不良が生じるのかを確認しておくことが大事です。疲労が蓄積している、睡眠不足に陥っていると目のしたのクマができるイメージがありますが、それも疲労や睡眠不足が血行を滞らせてしまうからです。

老化やストレス、喫煙による血管の柔軟性不足、眼精疲労なども青グマの原因

しかし血行不良の原因はそれだけではなく、日常生活のさまざまな場面で見られます。たとえば老化によって血管の柔軟性が失われれば血液の流れが悪くなります。

 

また血管が収縮すると当然流れが悪くなりますが、ストレスによる自律神経の乱れや喫煙の習慣など日常生活には血管を収縮させてしまう要因が多数あります。

 

さらに現代社会では眼精疲労による血行不良が増えています。公私ともにパソコンとネット環境が不可欠になっている状況ですから、長時間のデスクワークやスマホが原因で眼精疲労の状態に陥り、それが結果的に血行不良、青グマを引き起こしてしまうのです。

 

ですから青グマの対策ではまず血行不良をもたらす要因をできる限り日常生活から排除していくことが第一。そのうえで血行を促す対策を行っていきましょう。

 

お勧めはマッサージと蒸しタオルの使用です。リンパマッサージなど血液とリンパの流れを促すマッサージは手軽にできるのでオススメです。

 

また眼精疲労が見られる場合には蒸しタオルと冷やしたタオルを交互に当てて血管の収縮と拡張を促す対策がとても有効なので試してみましょう。

 

そのほか血液をサラサラにする不飽和脂肪酸を食事やサプリメントで摂取する、血行促進効果のあるビタミンKなどの美容成分が配合された目元専用の化粧品を使用するなどの対策も有効です。

黒グマの出来る原因と対策

黒グマは筋肉の衰えからくるたるみや目袋の影であることが多い

黒グマはクマの種類の中でももっともつかみどころがなく対策が難しいタイプです。それだけに目元の周辺の肌環境をよく把握したうえでどうしてクマができてしまっているのか、それを改善するためにはどうすればよいのかを確認していく作業が求められます。

 

黒グマの主な原因は目元のたるみです。たるみができるができることでシワができるなど皮膚に凹凸ができるようになります。

 

するとその部分に影ができて黒く見えるようになるのです。たるみが進行すればするほど、たるんだ皮膚が余ったような状態になればなるほど影が濃く、クマが目立つようになります。

 

もうひとつ、筋肉の衰えが原因で発症するケースも見られます。これは目の下にある眼窩脂肪と呼ばれる脂肪を支えている筋肉が衰えて緩むことでこの脂肪が飛び出してしまうのが原因で、飛び出した部分にやはり影ができることで黒く見えるようになります。

 

この眼窩脂肪が突出した状態を目袋と呼んでいますが、クマだけでなく外見の変化も老けた印象をもたらしてしまう原因となります。

対策の第一は老化対策。筋肉の衰えを防ぐためのトレーニングやケアを心がけたい

問題なのは皮膚がたるんだり脂肪が飛び出したりすることで影がクマのように見せるようになることで、色素沈着のように皮膚そのものに色がついてしまった状態ではないということです。

 

ですからスキンケアで目立たないようにするためには根本の原因となる皮膚のたるみ、脂肪の飛び出しを何とかしなければなりません。メイクでうまく隠す、カバーするのも限界があるため対策が非常に難しいのが現実です。

 

しかもこの黒クマは生まれつきの目の周辺の造形によってできやすい人とそうでない人が出てきます。目の下の脂肪が少なく皮膚のたるみが目立ちやすい人にできやすい傾向が見られるのです。

 

ではどうやって対策をすればよいのか?まずは予防、とくに老化対策が最大のテーマとなるでしょう。

 

皮膚がたるまないようハリと弾力を維持する。そのためには目元に浴びやすい紫外線対策をしっかり行うことと、紫外線のダメージを防ぐためのバリア機能の維持に努めるという目元ケアの基本が欠かせません。

 

そのうえで抗酸化成分で老化そのものを防ぎ、過剰なアイメイクで目元の皮膚に負担をかけないといった対策を心がけましょう。さらに眼窩脂肪を支えている筋肉の衰えを防ぐためのトレーニングなどもうまく取り入れていきたいところです。

 

すでにできてしまった場合には解消が難しく、どうしても何とかしたい場合には美容外科で受けられるヒアルロン酸注入、さらには飛び出してしまった眼窩脂肪を切除する手術といった選択肢もあります。

ストレッチやマッサージでクマは解消する?

ストレッチやマッサージは目元の血行不良改善に役立つ

目の下のクマはスキンケアによる対策が欠かせませんが、それだけでなストレッチやマッサージもうまく取り入れていくことが大事です。

 

クマは単なる肌トラブルではなく、目の周辺全体の健康状態に問題が生じて起こることが多いため、その改善を幅広いアプローチで行っていくことも必要だからです。

 

クマを解消するためのマッサージやストレッチではまず血行不良の改善を心がけましょう。目の周辺の血行が悪化すると青グマの原因となります。

 

目の下は毛細血管が多く通っているうえに皮膚が薄いので血行不良の影響が表面に出やすいからです。まずはマッサージで血行不良の改善を目指してみましょう。

 

おすすめはリンパマッサージです。このマッサージのポイントは肌を強く刺激せずに撫でるような感覚で行っていくことです。強く刺激しすぎると毛細血管を傷つけるなどかえってマイナスになってしまうことがあるので注意しましょう。

 

顔の内側から外に向かってマッサージしていくのがポイントです。耳の後ろや鎖骨にリンパ腺が集中するリンパ節があるのでその方向に向かって押し流していくイメージで行ってみましょう。クマだけでなく目のむくみ対策にも有効な方法です。

 

ストレッチやエクササイズでは血行促進と肌のハリの強化を両方行っていくことも可能です。

30以上もある表情筋をエクササイズなどで鍛えることも効果的

顔には表情筋と呼ばれる筋肉が30以上あります。筋肉は血液を押し流すポンプのような働きをしていますから、エクササイズで筋肉を適度に刺激することで血行を促すこともできるのです。

 

また、黒グマは筋肉の緩みが大きな原因となっていることが多く、その予防として筋肉を鍛える方法としてもエクササイズは有効です。

 

エクササイズの方法にはいくつかの種類があります。まず眼球の筋肉を鍛えるのに役立つ眼球をグルグルと回す方法があります。

 

これは長時間のデスクワークやスマホで蓄積した目の疲れを改善するのにも役立つ方法なので現代人にとくにオススメです。

 

それから顔全体の筋肉を動かすエクササイズもあります。口を大きく「お」を発音する形にしたうえで眼球を上に目いっぱい持ち上げます。その状態で今度は頬も上に持ち上げて目を細める。これを3〜5回ほど繰り返します。

 

実際に行ってみると目の周辺の筋肉が皮膚を動かしているのを実感できるはずです。ストレッチ、エクササイズは人前で行うのはちょっと恥ずかしいものが多いので一人の時間を作ったうえでうまく行ってみるとよいでしょう。

 

こうしたストレッチ、エクササイズ、マッサージは即効性こそ期待できませんが、手軽に、しかもお金をかけずに行っていけるよい方法です。スキンケアではカバーしきれない部分をこうした対策で補ってみてはいかがでしょうか。
40代で使ってみたい目元化粧品口コミランキング>>

40代で使ってみたい人気のアイクリーム・目元美容液

B.A ザ アイクリーム

衰えた眼輪筋を鍛えてふっくらと!コクがあるのにみずみずしく潤うアイクリーム
19,440円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

アテニア アイエクストラ セラム

まぶた、目の下、目尻の悩みを同時にケアしてくれるアテニアのアイクリーム
120回分・4,791円→3,291円・税込※お一人1セット1回限り
エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)プレゼント中!
公式HPで詳しく見てみる!>>

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

コラーゲン不足による目元のたるみ・小じわに!1滴の水も加えない高濃度美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
公式HPで詳しく見てみる!>>