シート?クリーム?目元パックの上手な選び方と効果的な使い方とは?

年齢を重ねると目元に対して集中的なケアも必要になります。しかしその一方で皮膚が薄く刺激に敏感なので集中的にケアしようにもやりすぎると逆効果、負担がかかってかえってトラブルの原因を作ってしまう恐れがあります。そのさじ加減に注意しながらどれだけうまくケアしていけるか、これが40代以上の目元ケアの鍵を握るといっても過言ではありません。

目元ケアには皮膚の負担が少ないシートタイプがおすすめ

目元のQ&A

そんなさじ加減が難しい目元ケアの選択肢としてお勧めなのが目元パックです。目元にパックをすることで有効成分をしっかりと浸透させることができるうえに手軽のできるで非常にメリットが大きい選択肢です。

 

皮膚が薄く、しかも乾燥していると角質層の構造が乱れて有効成分が浸透しにくい状態になっていることが多く、普通の美容液で有効成分を補っても十分な効果が得られないこともあります。目元パックならそのような心配もなく必要な成分を正しい形で補っていくことが可能です。

 

そんな目元パックにはいくつかのタイプがあります。代表格としてはシートタイプとクリームタイプの2種類。シートタイプとはその名前のとおりシートを目のしたに貼り付けるものて、顔全体用のシートマスクのサイズを小さくしたようなものです。

 

一方クリームタイプは気になる部分にクリームを塗布することでパック効果をもたらすつくりになっています。

 

どちらも先述したメリットを備えているのですが、目元ケアにおいてはシートタイプの方がお勧めです。クリームタイプの場合はまず塗布する際に摩擦による刺激が生じる恐れがありますし、使い終わった後に洗い流さなければなりません。すでに刺激に敏感になってしまっている肌には適させない部分があるわけです。

 

それに対してシートタイプは貼り付けて使用し、使い終わったらはがして終わり、洗い流す必要もないので手間がかからないばかりか皮膚への負担も最小限に抑えることができます

目元パックをする前に肌を整えておく準備が欠かせない

目元のQ&A

ではシートタイプの中でもどんなタイプがよいのか?保湿成分をしっかり補えることが大前提です。その上で現在自分が抱えている目元の悩みに役立つ成分が配合されているかどうかをチェックしましょう。シミが気になる場合には美白成分、たるみやシワが気になる場合には抗酸化成分など、自分なりの判断が問われます。

 

効果的な使い方では必ず肌を整えておく準備が欠かせません。メイクを落とし、洗顔後に化粧水を使った後に使用する。メイクや汚れが残った状態だとせっかくの有効成分が浸透しませんし、化粧水を使わずクレンジング・洗顔後にいきなり使うと肌に負担がかかってしまう恐れもあります。

 

効果的な使い方というよりも基本中の基本ですが、それだけに忘れないようにしましょう。なお蒸しタオルや蒸気で毛穴を開いた状態で使用すると効果がアップします。その際には使用後に毛穴を引き締めるケアを忘れないようにしましょう。
40代で使ってみたい目元化粧品口コミランキング>>

40代で使ってみたい人気のアイクリーム・目元美容液

B.A ザ アイクリーム

衰えた眼輪筋を鍛えてふっくらと!コクがあるのにみずみずしく潤うアイクリーム
19,440円・税込
更に詳しく見てみる!>>

アテニア アイエクストラ セラム

まぶた、目の下、目尻の悩みを同時にケアしてくれるアテニアのアイクリーム
120回分・4,791円→3,291円・税込※お一人1セット1回限り
エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)プレゼント中!
更に詳しく見てみる!>>

目元とまつ毛のご褒美

目元とまつ毛のご褒美

SNSでも話題沸騰!1本で目元ケアとまつ毛の育毛ができるアイクリーム
4,700円・税別/定期初回980円(2回目以降3,700円)税別
更に詳しく見てみる>>