目元の上手なクレンジング方法は?顔と同じもので大丈夫?

目元は皮膚が薄く刺激に敏感なためクレンジングにも配慮が必要です。化粧水や美容液は刺激に配慮して選んでいるのにクレンジングに無頓着だと肌への負担が蓄積してしまい、せっかくのスキンケアも十分な効果が得られない恐れもあります。

目元のクレンジングは顔と違うものと意識すること

目元のQ&A

そもそも目元のトラブルはクレンジングが原因で起こっているケースが少なくありません。メイクをしっかり落とそうと何度もごしごしと擦ったり、洗浄力が強すぎるクレンジング剤を使用することで肌に負担をかけ、乾燥を加速させたりメラニン色素や活性酸素を増加させてしまったりしているのです。

 

ですから目元のクレンジングは顔とは違うものと意識した上で環境を見直してみましょう。クレンジング剤を別々のものを使用する必要はありませんが、目元の肌の状態にあったクレンジング方法が求められます。

 

まずクレンジング剤を使う前にリムーバーをうまく使いこなしましょう。アイメイクが濃い目の方はとくにリムーバーが重要な意味を持ちます。濃いメイクをクレンジングだけで落とそうとするとどうしても肌に負担がかかってしまいますから、あらかじめリムーバーで落としたうえでクレンジングをする2段階でのケアを行うわけです。

 

お勧めは使用しているアイメイクと同じメーカーから発売されているリムーバーです。相性がよい、というか当然メーカー側としては最低限自社で発売しているメイクをしっかり落とせるよう開発しているわけですから、高い効果が期待できます。

目元のクレンジングは擦らず撫でるようにふき取る

目元のQ&A

クレンジング剤の種類にも目を向けてみましょう。クレンジング剤といえば通常オイルクレンジングのことを言いますが、ほかにもミルクタイプ、クリームタイプ、ジェルタイプなどの種類があります。オイルタイプでは刺激が強いという方はよりマイルドやクリームタイプやミルクタイプを試してみるとよいでしょう。なお、薄いメイクでしたら普通の乳液でも落とすことができます。

 

クレンジング剤の使い方では何度もごしごしと擦らないことが大前提です。コットンに含ませたらメイクを落としたい落としたい部分に軽く当てましょう。クレンジングは油分をメイクに絡ませて浮かび上がらせることで落とす仕組みです。

 

ですから擦るよりもじっくりと馴染ませた方が落としやすいのであせらずに10秒ほど肌に当ててから優しくふき取っていきましょう。撫でるような感覚でふきとっていくのがポイントです。コットンを使いにくい目じりなどではコットンの角をうまく使いながら行っていきます。

 

こうした細かい部分にこだわることでしっかりメイクを落としつつ肌への負担を最小限に抑えたクレンジングができるようになります。顔よりもいっそう慎重に、肌を労わって行うようにしましょう。
40代で使ってみたい目元化粧品口コミランキング>>

40代で使ってみたい人気のアイクリーム・目元美容液

B.A ザ アイクリーム

衰えた眼輪筋を鍛えてふっくらと!コクがあるのにみずみずしく潤うアイクリーム
19,440円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

アテニア アイエクストラ セラム

まぶた、目の下、目尻の悩みを同時にケアしてくれるアテニアのアイクリーム
120回分・4,791円→3,291円・税込※お一人1セット1回限り
エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)プレゼント中!
公式HPで詳しく見てみる!>>

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

コラーゲン不足による目元のたるみ・小じわに!1滴の水も加えない高濃度美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
公式HPで詳しく見てみる!>>