目の下やまぶたのたるみの効果的な対策方法は?

目の下はたるみができやすい部分です。老化の影響はもちろんですが、皮膚が薄いため紫外線のダメージを受けやすく、その影響で他の部分よりも老化と感想が進みやすいのも厄介な点です。さらに40代を過ぎると目の下にある眼窩脂肪と呼ばれる脂肪が表面に突出してくるようになるため目元全体のたるみとくぼみが目立つようになってしまうという問題もあります。

目の下やまぶたのたるみには乾燥とバリア機能の低下を改善すること

目元のQ&A

ではそんな目の下やまぶたのたるみにはどのような対策がよいのでしょうか?

 

まずはスキンケアでの対策を試みてみましょう。目元の皮膚は薄いこともあって乾燥しやすい部分です。年齢を重ねると保湿成分が失われることでますます乾燥が加速していき、バリア機能の低下、紫外線のダメージの増大、さらに老化が進行していくといった問題を抱えていきます。

 

ですから保湿成分をしっかり補い乾燥とバリア機能の低下を改善していきましょう。ポイントとしてはできるだけ浸透性に優れたスキンケア製品を使用すること、油分も適度に補うことです。コラーゲンやヒアルロン酸はもともと分子量が大きく浸透しにくいので目元にあわせて分子量を細かくする技術を施したものがお勧めです。

 

また目元は皮脂の分泌量も少なく皮脂膜が正常に形成されないことで乾燥とバリア機能の低下が進んでしまう面もあります。クリームでうまく油分の不足を補いましょう。こうしたケアではやり目元の皮膚の状態を考慮した目元専用の美容液やアイクリームが適しています。

 

スキンケア以外での対策も重要です。まずリンパマッサージを取り入れてみましょう。血行不良と老廃物の蓄積がたるみの原因となってしまっている可能性があります。とくに老廃物や余分な水分が蓄積するとむくみやすくなり、まぶたのたるみの大きな原因となります。

リンパマッサージや表情筋トレーニングも目の下のたるみに効果的

目元のQ&A

また血行が悪化するとクマの原因となるほか、皮膚にまで栄養と酸素が行き渡らなくなることでターンオーバーの乱れを引き起こす恐れがあります。ただし目元の皮膚は敏感なのであまり強く擦らず軽く撫でる程度の優しいやり方を心がけましょう。目の下からリンパが集中しているリンパ節がある耳の後ろへ向けてマッサージしていくのが基本的な方法です。

 

もうひとつ、表情筋トレーニングもうまく取り入れてみましょう。目を支えている眼輪筋が加齢の影響で衰えると目元がたるみやすくなります。眼球をグルグルとまわす、思いっきり目を見開いた状態から逆に目を思いっきり閉じる動きを繰り返すといったいくつかのトレーニング方法があります。

 

具体的な方法はネットで調べることができるので取り入れてみましょう。とくに長時間のデスクワークで目を酷使している方は休憩時間に行うことでリラックスさせる効果も期待できるのでお勧めです。
40代で使ってみたい目元化粧品口コミランキング>>

40代で使ってみたい人気のアイクリーム・目元美容液

B.A ザ アイクリーム

衰えた眼輪筋を鍛えてふっくらと!コクがあるのにみずみずしく潤うアイクリーム
19,440円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

アテニア アイエクストラ セラム

まぶた、目の下、目尻の悩みを同時にケアしてくれるアテニアのアイクリーム
120回分・4,791円→3,291円・税込※お一人1セット1回限り
エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)プレゼント中!
公式HPで詳しく見てみる!>>

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

コラーゲン不足による目元のたるみ・小じわに!1滴の水も加えない高濃度美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
公式HPで詳しく見てみる!>>