目元美容液の値段の違いはなにが違う?

いろいろなメーカーからさまざまな製品が発売されるようになったことで目元美容液の選択肢も増しています。

まず一つに配合成分や研究費、技術などに費やした費用の違いが価格に反映される

それぞれのメーカーごとに特徴やセールスポイントをアピールしているわけですが、近年では内容だけでなく価格の違いも大きく見られるようになっています。

 

高級志向の製品では1万円を超えるものも珍しくないのに対し、プチプラ化粧品と呼ばれる製品の中には1000円以下で変えてしまうものもあります。近年では目元専用のプチプラ化粧品の人気が高まっており、安い価格ながら驚くほど評判が高い製品も少なくありません。

 

この値段の違いは何が原因なのでしょうか?高級志向の高価な製品の方が当然高い効果が期待できるように思えます。そもそも優れた効果が得られないならわざわざ高いお金を出す意味はないでしょう。

 

しかし実際には必ずしも「高い製品は優れており、安い製品はほどほど」とは言い切れない部分もあります。

 

値段に惑わされず本当に自分に合った目元美容液を探すためにはどうして値段が高いのか、または逆に安いのか理由を知っておきたいところです。

 

まず大きな違いは配合成分の違いです。たとえば最新の研究によって開発された複合成分、最新技術で抽出・製品化に成功した新成分が配合された製品はその分価格が高くなります。研究・開発に費やした費用を回収するためです。

 

こうした特別な成分は製品を売る上で強力なアピールポイントとなるだけにどのメーカーも競って研究・開発を行っているわけですが、そうした新製品がすべての人に満足のいく効果をもたらすとは限りません。そもそもすべての人に満足させられる製品があるのなら新製品を開発する必要がなくなってしまいます。

 

ですからすでにいろいろな化粧品に使用され、コストを安く製造することができる成分で作られた安い美容液の方が肌との相性がよく高い効果が得られることも多いのです。

 

プチプラな美容液は配合成分が少ないことで逆に肌と相性が合うことも多い

それから配合されている成分の種類と数も価格の違いに反映されます。プチプラ系の安価な製品は配合成分が少ないのに対して高価な製品は幅広い成分が配合されている傾向が見られます。

 

安い製品は保湿成分など特定の目的に役立つ成分を厳選していることが多いのに対して高価な製品は保湿成分、抗酸化成分など幅広い成分を配合していることが多いのも違いでしょう。

 

もうひとつ、低刺激かどうかで違いが見られることもあります。高価な製品は製造コストをかけてでも添加物を避けて低刺激を重視したものが多いからです。ですから敏感肌・乾燥肌の方にとってはこちらの方が適している一方、刺激がそれほど気にならない方はプチプラでも問題ないという面もあります。

 

こうした違いを知った上で自分が抱えている目元のトラブル、ほしい効果・成分を確認して製品を選んでいきましょう。
40代で使ってみたい目元化粧品口コミランキング>>

40代で使ってみたい人気のアイクリーム・目元美容液

B.A ザ アイクリーム

衰えた眼輪筋を鍛えてふっくらと!コクがあるのにみずみずしく潤うアイクリーム
19,440円・税込
公式HPで詳しく見てみる!>>

アテニア アイエクストラ セラム

まぶた、目の下、目尻の悩みを同時にケアしてくれるアテニアのアイクリーム
120回分・4,791円→3,291円・税込※お一人1セット1回限り
エイジングケアラインドレスリフト(14日間トライアルセット)プレゼント中!
公式HPで詳しく見てみる!>>

リソウ リペアジェル

リソウ リペアジェル

コラーゲン不足による目元のたるみ・小じわに!1滴の水も加えない高濃度美容液
たっぷり2週間お試しに今ならリペアウォーター(化粧水)もついて1,980円!通販限定
(15000円の本商品が2週間たっぷりお試し!さらにリペアウォーター3000円付)
公式HPで詳しく見てみる!>>